[育児] キキ成長日記

キキ、生後2か月の記録

 

キキ、無事に生後3か月を迎えました♡

生まれてたった3か月、毎日見てるっていうのに、今振り返ると新生児のころがどうだったか全然思い出せない。
あんなに愛しくて神秘的だったのに、初めてのことで一生懸命過ぎちゃったせいかしら。
というわけで、キキの成長記録を、ちゃんと残しておこうと思います。

 

スタジオアリスでお宮参りの写真撮影

 

生後1か月の終わりにようやくお宮参りにいったキキ。
後日改めて写真撮影に行きました。
近所の写真館でもいいかなーと思ったけど、子供の撮影といえば・・・
と聞いたことのあるスタジオアリスに行ってみました。

スタジオアリス・・・さすがだけど、総合的にお勧めはしません(笑)

事前に予約をして行ったわけなんですが、結局撮影は予約した時間よりも大幅に遅れて始まりました。
というのも似たような時間帯にたくさんの人が予約をしているようで、
子供たちの衣装選び、着替え、ご機嫌取りを含めた撮影、
が入れ替わり立ち代わり行われる方式。
何せ相手は子供ですから、時間通りにサクサク進むというのは難しくて、
衣装持ち込みだった我が家の撮影が始まるまで1時間近く待ったでしょうか。
これ、赤ちゃん連れとしてはつらいものがあります。
授乳時間やおむつの時間の都合もあるし何しろ長時間の外出はまだあまりしたくない時期…。

いざ撮影が始まると、そこはさすがのスタジオアリス。
撮影するお兄さんのスキルがとても高くて、赤ちゃんの気をばっちり引いて、
正面を向かせたりなんとなく笑顔にしたりしていい写真をどんどん撮ります。
どんどんついでに、予定にないサービスショットもいろいろと織り交ぜてきます。
例えば、床に置いた夜空模様の布の三日月の上にキキを寝かせて、月に座っているかのようなショット。
例えば、上半身裸にして白いふわふわの布に包まれた純真無垢なキキショット。

やだーん、全部かわいいーーーー♡

ってなります、親だもの、当然。

写真撮影が終わると今度は、写真選びに移るわけですがここでも大体30分くらい待ち時間が発生したかな?
で、いよいよ発注する写真を選びます。
ここがスタジオアリスの大変よくできているところで、写真を選ぶと当然お金が発生するわけですが、
ここで発注した写真のみ、1年後にデータがもらえるというシステム。
データがほしければ写真を発注するしかないわけで、
クダンのかわいいサービスショットをここで買わざるを得ない親心・・・(笑)

結局、全部合わせて3時間程度の時間が経過し、両家祖父母向けへの写真も含めお会計は5万近く・・・。

たった一人の娘、決して惜しい出費ではなく、とてもいい思い出になりました。
ただ、もう一度行くかと問われれば、あの待ち時間で躊躇すること間違いなし。
よって、総合的にお勧めはしない次第です。

 

予防接種始まる

 

生後2か月と言えば、予防接種の始まりです。

市が提供してくれたスケジュールでは、初回はまず、
ロタウイルス(任意)・B型肝炎(定期)・肺炎球菌(定期)・ヒブ(定期)

妊娠して母子手帳を貰ったとき、実は予防接種の多さに驚きました。 
水疱瘡やおたふくかぜなんて昭和50年代生まれは罹患が当然だったのに、今は予防接種!
自然ではなく予防接種で免疫を獲得するって、いいのか悪いのか…

で、いろいろとネットや本で情報を見るわけですが、こういうときアンチの声って大きいし、不安をあおりますよね。
自然派の人たちによる「予防接種は毒!」「免疫は自然獲得すべき!」「◎◎に罹患しても大丈夫!」という声。
なぜかそちらの方が正しく勇気ある親の声として聞こえてしまったりして…。

でも大事なのは、受ける受けないのどちらにしても、親が親なりに勉強して決断することなのだと思います。

我が家は、市から配布される予防接種の冊子のほか、アンチの小児科医による本を読み、
子供のいる友人、子供が生まれたばかりの産科女医の従妹、などなど
周囲の人にもいろいろと意見を聞いて夫婦で話し合いました。

そんな中ひとつ参考になった出来事が、この春の麻疹の流行。

日本では麻疹はもうない、ということだったけれど、海外からの旅行者がきっかけとなって流行。
そうか、そういうことは今後より多くなるだろうな、と感じたのと同時に、
予防接種1回だけで免疫が十分でない私たち親が大慌てで2度目の接種を受ける一方、
予防接種なんて受けたことないけど当たり前に罹患して免疫を持っている祖父母世代を見て、
「今や予防接種をしないと怖い麻疹も、かつては当たり前に罹患してた。
同じことがおたふくや水疱瘡にも言えるのかな。」
と感じたこと。

結果、今回の接種は3つだけで、ひとつは接種の必要性が私たちにはあまりわからなかったので、
当日お医者様に話を聞くだけにとどめて接種は見送り、夫婦で次回までに話し合うことにしました。

親になると、今まで気にもしなかったことが重要課題になって、
その課題解決のために今まで目も向けていなかったことの勉強が必要になり、
そしてひとつひとつ納得し、決断していくことが求められる。

ああ親になったんだなぁと思うと同時に、
人生の踏みしめ方が少し強くなったなぁと思う出来事でした。

今後も続く予防接種、ひとつひとつ納得して娘に受けさせたいと思います。

 

笑顔が増えました♡

 

生後1か月までは新生児微笑なのか社会的微笑なのかあいまいな笑顔が多かったのだけれど、
生後2か月に入って、明らかに親の顔を見て笑う笑顔が増えました。
朝も昼も夜も、にっこりと笑う笑顔にトロけます(笑)

 

寝相が悪くなりました

 

足と首が強くなったせいか、足と頭を支点にぐいーんと反り返り、
そのままあちこち動くようになりました。
どうやら寝ている間も動いているようで、夜中目が覚めるたびに違う場所にいます(笑)

 

声が出るようになりました

 

生後1か月までは、何かの拍子に思わず出たかのような1音だけを発していたのが、
「あーーうーーー。うきゃ!!ふぉーーー」
など、いろいろな音を出すように。

声って、生まれた時からいろいろな音を出せるけど、
赤ちゃんは言葉を理解しないからあいまいな音ばかり出すかと思っていたら、
これも実は声帯の発達によって出せる音が増えることによって変化していくものだと、
子供が生まれて初めて知りました。
やがてこれが、喃語、発語へと成長していくのだと思うと楽しみです。

それにしても、キキの声ったらかわいい!!!笑

 

夜少しまとまって寝るようになりました。

 

1時間おきに起きるようなことはすっかりなくなり、
毎晩20時半~21時半の間に就寝し、夜中に1回授乳、朝4時半覚醒、というのが今のリズムです。
覚醒時間が早いのがちょっと辛いですが…(笑)でもずいぶん楽!

夜中に赤ちゃんが泣きだすと、こちらは寝ぼけたまま慌てることになるので、
実際のところ本当におっぱいがほしいのか、別の欲求なのか十分には理解できていません。
キキはどうやら、お腹にガスがたまっているときにも泣くので、もしかするとそれの時もあるかも…。

生後2か月に入って泣き声のバリエーションも豊かになってきたので、
いろいろと聞き分けられるように、昼間に注意深く観察しなくては、と思っています。

 

少しずつ遊ぶようになりました。

 

生後2か月に入って、目の力も強くなり笑顔も出て、親とのコミュニケーションらしきものが始まった気がします。
伴って、遊ぶことも増えてきました。
今のはやりは、バウンサーに座り、親の手を足の裏にあて、足を蹴りだしてバウンサーを揺らすこと。
割と飽きずに、30分から1時間は遊び、お腹に力が入るせいかお通じもちらほら(笑)
1時間ほど遊ぶとぐずりはじめ、そのまま泣きながら寝たり、おっぱいをせがんだり、、、というのがリズム。

ぐずり→眠り へとスムーズに導けるようになるのが次の目標!

 

背中スイッチ発動?!

 

生後1か月までそれほどでもなかった背中スイッチ。
余裕ーーーと思ってました。が。
生後2か月後半にきて、ついに発動したのか、布団に降ろすと泣きます。

ただ、夫が寝かしつけた場合は発動する頻度が低いので、
背中スイッチなのか、おっぱいが離れた場合に発動するスイッチなのか、謎・・・。

どちらにしても、寝かしつけスキル、これが次の課題です。

 

お出かけに慣れてきました。

 

生後1か月を過ぎたころから、まずは自宅のベランダで10分程度の外気浴から始め、
最近は日が落ちた18時以降に30分から1時間ほど家の近所を散歩します。
外を歩いたり、近くのスーパーに行ってみたり、抱っこ紐にもずいぶん慣れました。

それから1か月検診の時はギャン泣きだった車での外出もだいぶ慣れ、
眠ったり、静かにしている時間が増えました。


(大きくなってベビーシートとのフィット感が増したのも大きいかな・・・?)

 

首が座り始めました。

 

キキは新生児のころから首が強かったのか、
産院にいるころからすでに首を左右に自分で動かしていたし、
新生児期間からすでにげっぷを出すために縦抱きすると首をもたげていました。

なので、首の座りも早いのかな?と思っていましたが、
2か月に入ったばかりのころは首なんて本当に座るのかしらというほどふにゃふにゃ。
縦抱きにして首をもたげるのは相変わらずできるのですが、直立させておくことは難しいようで、
いつも頭がゴロンと前に落ちてしまっていました。

それが2か月後半のころ、急激に強くなり、縦抱きしているとほとんど問題なく自分で首を直立できるように。
まだゆらゆらするし、時々ゴロンとなるので完全な首座りはまだですが、
抱っこはほぼ縦抱きでOK。

寝かしつけも縦抱きとなり、高齢母の腰はやられ気味ですが、娘の頭がころんと胸元に落ちて、
そこで寝息を立てるときの愛しさったらないです♡

 

 

そんなこんなの生後2か月でした。
新しい1か月はどんな成長を見せてくれるかな??

 

 

 



◇--◆--◇--◆--◇--◆--◇--◆--◇--◆--◇


ブログランキングに参加しています♪クリックお願いします♪

  にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ にほんブログ村 子育てブログへ


インスタグラムもやってます♪

関連記事

  1. [育児] キキ成長日記

    キキ、生後5か月の記録

    リアルタイムでは7か月になっておりますが、生後5か月の振り返り。生…

  2. [育児] こどもの健康

    生後8か月、ウイルス性胃腸炎になる

    生後8か月、ウイルス性胃腸炎になりました。…

  3. [育児] キキ成長日記

    キキ、生後3か月の記録

    キキ、無事に生後4か月を迎えました♡生後3か月の1か月。メインイ…

  4. [育児] キキ成長日記

    キキ、生後7か月の記録

    生後7か月の娘の記録。お座りが完成!離乳食は2回食へ、と同時に便秘問題…

  5. [育児] こどもの健康

    生後8か月、鉄欠乏性貧血が発覚しまして。

    2018年末のウイルス性胃腸炎をきっかけに、鉄欠乏性貧血が発覚したキキ…

  6. [育児] キキ成長日記

    7か月女子にウケてるおもちゃTOP4

    生後1か月のO'Ballを皮切りに、ちょいちょいおもちゃを買い足してき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

♡ Recommended Posts ♡

  1. [母] 雑記

    帝王切開した私が考える「帝王切開はお産じゃない」問題
  2. [育児] グッズ

    0歳時の記録に森永乳業「わたしの育児日記」がおススメ!
  3. [母] 美容

    美魔女菌?エクオール検査を受けてみた!
  4. [育児] こどもの健康

    生後8か月、鉄欠乏性貧血が発覚しまして。
  5. [母] お洒落

    お洒落を諦めないママのためのブランド「レスブリス」でネックレスを買った♡
PAGE TOP